読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなに深くありません。

好きなことを浅く緩く綴るものです。

人生で初めて救急車に乗った。

昨日の夜、人生で初めて救急車に乗った。

 

母が具合が悪くなり、吐いて、その後胃が痛くてうずくまるような感じだった。

 

だから、緊急病院に電話して、タクシーで行くつもりだったのに、

深夜ということもありタクシーが捕まらない。

 

ようやくつながったら、15分待ってくれと言われ。

 

母の様子は限界だった。

 

15分は待てず、救急車を呼んだ。

 

家の前に救急車が到着すると、

色々とどんな経過なのかと救急隊員に話、

幸い病院に電話していたこともあってすぐに行けた。

 

処置や検査を母が受けている間、誰もいない深夜の病院で妹と2人手を握り励まし合って、先生からの説明を待っていた。

 

本当に時間が長くて、不安でいっぱいだった。

 

幸い、大したことはなくて、帰ってこられたけれど、

本当に心配で、不安で…。

 

私の持っている病気の症状が現れそうで、

本当に辛かった。

 

今日は仕事を休んでいる母。

痛みは取れたし、吐き気もないと言っている。

 

自分が倒れて乗ったことはないし、

同乗したこともなかったから、

今回の体験は本当に貴重だったけど、

やっぱり乗りたくはないもの。

 

母の様子を見ながら、今日は1日そばにいようと思う。

 

P.S ブログの更新ができなくてごめんなさい。

また落ち着いたら更新したいと思います。

Twitterの方は更新できると思うので、そちらを見てください。