読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなに深くありません。

好きなことを浅く緩く綴るものです。

SMAPと℃-uteの解散の違い。

 

私の気持ちはこれに物語っている。

 

℃-uteのメンバーは解散を発表した後、

ハロコンで自らの口で声で、言葉でファンや応援してくれている方にお話をした。

涙流しながらも、自分たちが選んだ道をちゃんと説明してくれた。

だから、彼女達の解散に驚いて、ショックを受けていたけれど、

前向きに捉えられている。

 

でもSMAPの場合は…違う。

納得ができない。

メンバー個人がそれぞれのラジオで解散の報告をしたけれど、

どうして個人なの?って思う。

しかもあんな何の感情も感じられないような…。

ただあのFAXのコメントを読んでいるようにしか感じなかった。

 

解散という道を本当に本人たちが納得して選んでいるのならば、

5人揃って報告する義務があると思う。

それができなくても、自分の言葉で、思いをちゃんと伝えるべきだと思う。

すべてを話せなくても、言えないことがあっても。

 

だってSMAPはいつもそうして来た。

森くんが脱退した時、事務所から行くなと言われたのに、

中居くんは一緒に会見に立ってくれた。

他のメンバーも見守ってたと思う。

 

木村くんが結婚した時、

会見を見守っていたのは中居くん。

その後、みんなでご飯を食べに行ったと話していた。

ボロクソに言われても中居くんはメンバーを守る人。

 

吾郎さんや剛くんが不祥事を起こした時、

どんなきつい質問を投げかけられても彼らは逃げず、

真摯に答えてた。

 

そういうSMAPを見てきたから、

そういうSMAPだから大好きなのに…。

 

今回の解散というものに、

どんな意図があるのかはわからないし、

きっと彼らは話すという選択はしないんだと思う。

 

尊敬してくれる後輩がいて、

SMAPを大好きだと言ってくれるファンの方がいて、

その人達を守るためにも、きっとこれからも何も言わないんだろうな。

 

だからこそ、何かあるんじゃないかと考えて、疑ってしまったり、

気持ちの整理がつくどころかどんどん色んな考えが浮かんで、

何を信じて良いのかわからなくなる。

 

ラジオがよくてテレビではなぜダメなんだ。

1.18のあの日は不本意だったけどテレビで5人揃って立ったのに。

本当に解散ってなったのに…今立つべきなのに。

 

それでも私は、SMAPが大好きだし、

人生の一部だし、SMAPと育ってきた。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

この記事を書いてくださった方は、本当のSMAPを見てくれてる。

こういう記事が沢山の方に知ってもらいたいSMAPの姿なのだ。

 

だから、私は信じる。

 

どんな報道がされようと、どんな悪い書かれ方をしても、

SMAPを信じる。

 

それが私ができる唯一のことだから。

 

私を救ってくれたSMAP

何の力もない私だけど、変わらない思いを持ち続ける。